トレーニングを「義務」から「やりたい」に

打撃考察

JARTAトレーニングを継続しています。

冷蔵庫にこんなのを書いてみると

結構いい感じなので

続けています。

さて、今日は最近の

身体の感覚の変化について。

僕がトレーニングを教わっている

JARTAの高塚さんに

前回の内容について動画で質問した際

良い意味でも良くない意味でも

手順に忠実。教わったことに

少し自分の感覚を入れましょう
今のトレーニングで言えば

快、気持ちよく動くにはということです

というアドバイスをいただきました。

なるほどと。

確かに、

「この動作は教えてもらった通りか」

をだいぶ意識していました。

そして、高塚さんは続けて

「普段」にも

その傾向があるかもしれません

と仰ったのですが

これは図星だなと笑

そもそもJARTAトレーニングにしても

何にしても、どちらかというと

「義務感」でやることが

多かったことに気づきました。

その後、アドバイスを受け

外さないポイントは押さえた上で

自分の気持ちいい感覚を

追求していくと

不思議なことに

ふと「ストレッチがしたい」と

思うようになってきました。

文字にすると簡単ですが

これは僕にとって

大きな変化なので素直に嬉しいです😎

特に最近は肩甲骨周りの柔軟性が

UPしてきたかな?という感じなので

また、次回トレーニングまでに

パワーアップしたいと思います!

この記事を書いた人

宮川理論本部運営代表
兼渋谷支部指導員
自身大学3年時に
宮川理論創始者と出会い
打撃が激変
選手引退後
大学4年次に指導員に。

自分自身がそうであったように
「元々能力のある選手」
ではなく
「一生懸命努力しているが
結果が出ない選手」のため
指導員として活動すると共に
自身でも野球技術向上に取り組む

「野球のための人生」ではなく
「人生を楽しくするための野球」
が根本の指導理念

自身の大学時代打撃変化動画は
Youtubeにて27万回再生を突破

Tomohiro Yamadaをフォローする
打撃考察
シェアする
「ホームランを、全ての人に」

コメント

タイトルとURLをコピーしました