6/5打撃分析

打撃向上

6月5日
バッティングセンターに
行ってきました。

自粛期間も含め
最低2ヶ月間は行っていなかったのですが

JARTAトレーニングで自分の身体の変化を感じていたので
すごく楽しみでした。

という事でまずは動画をば。

【6月5日 バッティングセンター】

 

そして。

バッティングセンターを受けて
僕の分析、課題点

【良かったところ】

①身体の中で意識できる
 部分が増えてきた

②肩甲骨の自由度、
 可動域の拡大を感じることができた

③「裏芯」の感覚が分かった        (これが一番大きい)

【悪かったところ】

①下半身の感覚、
足を上げたときの感覚、安定性がなかった。
=インパクトでドンに合わせられなかった。

②バットの軌道が安定していなかった

③右手が強い
=手首を返すのが、早くなる。コネの原因

【何故、良くなることができたか】

①、②JARTAトレーニングとスイングを継続し、自分の身体と向き合える時間が増えているから。

③最初の方のゲームで中々上手くいかず
宮川理論のドリル、逆手をやった後に
ふと、感覚を掴んだ。手首を返さないように
という意識が良かったかもしれない。

【何故、悪かったか】

①下半身の安定性がなかった
→そもそも、下のマットが滑った。技術的な面で言えば、
足を上げた瞬間に軸足側に体重が乗りすぎて
ボールが来る前に突っ込んでしまった。

②バットの軌道が不安定
→通常のバットであまりスイングしていなかったプラス、前からくるボールを久しぶりに打った。

③右手が強い
→逆手、裏芯の意識が途中までなかった

【良かったものはどうするか】

・JARTAトレーニングに加え少しずつ
ウエイトトレーニングも加えていく。    (重量は追わない予定)(別途記事予定)

・逆手、裏芯を意識した素振りの継続

 

【悪かったものをどう改善するか】1番大切

・瞬間的に、軸足の内側の股関節に体重が乗り
自分が思うタイミングで足をつけるようにするために必要なのは 肩甲骨周りの柔軟性が出てきて意識できる場所が、増えてきたようにそもそもの股関節周りの筋肉の柔軟性、動かし方を変えていく必要がある。ここに関しては前回のJARTAトレーニングで教えていただいたので
それを基本的に1日3回は継続する(身体と相談しながら)

・通常のバット(900g前後)での
素振りも必ず入れる。その際力を抜いてヘッドスピードを上げることを考えて振る(無闇に力を入れない)

さて、以上
皆さんにとって              何も面白味のないかもしれない
文章になったのかもしれませんが笑

今回、為末大さんの
「ウイニングアローン」という本に
書かれていた内容を参考にしてみました。

この本、
おすすめすぎておすすめです笑

結局、一言で
「バッティングが良くなる」
といってもそこには様々な要素が
絡み合うわけですが
その中で「絶対的に必要なもの」はあるはず。

それをきちんと伝えるのが
大事ではないかなと。

そして、その1つに
「自分で課題を見つけて
そこに対してアプローチをすること」
があると。

先程の内容を継続して
また6月19日にバッティングセンター
に行く予定なので

その時の比較が
皆さんにも何かしらのヒント
になるようやっていきます!

この記事を書いた人

宮川理論本部運営代表
兼渋谷支部指導員
自身大学3年時に
宮川理論創始者と出会い打撃が激変
選手引退後
大学4年次に指導員となる。

自分自身がそうであったように
「元々能力のある選手」
ではなく
「一生懸命努力しているが
結果が出ない選手」のため
指導員として活動するとともに
自身も「野球技術の向上」に取り組む

「野球のための人生」ではなく
「人生を楽しくするための野球」
が根本の指導理念

自身の打撃変化動画は
Youtubeにて26万回再生を突破
https://youtu.be/eE-UkEEcvD8

Tomohiro Yamadaをフォローする
打撃向上
シェアする
Road to Homerun【宮川理論渋谷支部】

コメント

タイトルとURLをコピーしました