巨人山瀬選手室内打撃考察

打撃考察

ジャイアンツのYoutubeチャンネルを見ていて気づいたことがあるので
ちょっと書いてみようかと。

星稜高校から進学した山瀬選手ですね。

【参考動画】https://youtu.be/yu_ZKd-IRcE

このバッティング練習。僕は何故か山瀬選手が

「打ちそうな打者」には見えませんでした。

それが何故なのだろうと考えていたのですが

大きな可能性の一つとして

「センター返しを意識しすぎている」

ということが挙げられるのではないかと。

プロで通用するために今、このような意識を持っているのか
特に意識せずにこうなっているのかはわかりませんがこの動画の2球。両方とも左中間方向に身体が向いても良いような投球に見えます。

1球目

2球目

何故、左中間方向に向かなかったかは先程も書いたように
「そもそも狙っていない」ということも可能性としてありますがそれで無いのだとしたら「インステップによって、身体が回転し切らなくなってしまった」が、その原因かもしれません。

僕たちの多くは「アウトステップがいけない」=「身体が開くこと」が必要以上に悪であると教わっていますから、指導する中でもこのような形になる選手は多いです。

「自分が思っているように身体が回転しない」
「何か、詰まる気がする」

そんな時は今日書いたようなことを少し意識してみましょう。

「身体が開くのがいけない」のではなく
「身体が開くのが早いのが、いけない」のです。

この思考を少し持つことで、
もっと打球が楽に飛ばせるようになるかもしれません。

手前味噌ですが
宮川理論のL字練習はこのような症状の選手に有効です。
https://youtu.be/Fe5ImUDYg14

山瀬選手、今後どのような活躍をされるのか
期待して見ていきたいですね。

それでは、お読みいただきありがとうございました。
少しでも打撃のヒントになれば嬉しいです。

この記事を書いた人

宮川理論本部運営代表
兼渋谷支部指導員
自身大学3年時に
宮川理論創始者と出会い
打撃が激変
選手引退後
大学4年次に指導員に。

自分自身がそうであったように
「元々能力のある選手」
ではなく
「一生懸命努力しているが
結果が出ない選手」のため
指導員として活動すると共に
自身でも野球技術向上に取り組む

「野球のための人生」ではなく
「人生を楽しくするための野球」
が根本の指導理念

自身の大学時代打撃変化動画は
Youtubeにて27万回再生を突破

Tomohiro Yamadaをフォローする
打撃考察
「ホームランを、全ての人に」

コメント

タイトルとURLをコピーしました