お久しぶりです

打撃考察



お待たせしました、いや



お待たせしすぎたのかもしれません。

皆さん、お元気でしょうか?

私ですか?私は自分のことを私と呼んでしまうぐらいですからね。だいぶ元気です。

 





はい

冒頭にてしっかりとスベることに成功したところで

 

最近について少し描いてみましょうか。

 

 

最近はですね、なんと言っても、




大谷さんでしょう。


彼のメジャーリーグでの大活躍によって、
日本の野球もどんどん進んで行くことだと思います。


さて、そんな大活躍中の大谷選手については、先日の宮川理論オンライン道場ライブ配信でも、創始者宮川に語ってもらいましたが、


各SNSにおいても、色々な方が様々な分析をされております。


それはそうでしょう。
あれだけの活躍を見せているのですから。


中には

これまでの常識では考えられない

といった発言もありました。

なるほど、常識ですか。と。


そもそも常識とはなんでしょうか。

いけません、
話があちこちに行ってしまう悪い癖が出てしまいそうなので戻します。


僕がですね、今日言いたいのはこう言うことなんです。



「つべこべ言わずにやってみたかったらやってみなさい」




こういう偉大な打者が出てくると必ずついて回るのが

「彼は特別だから真似するな」

と言う言葉です。


もちろん、体格など、特別に与えられたものもあるでしょう。
しかし、そんな一言で片付けなさるな、と僕は言いたいのです。


やってみて、打てなかった







やってないからどっちかわからない



は全然違いますからね。



もちろんあれですよ、明らかに間違っているとわかっていてやるのは違いますよ。




ただね、失敗することを恐れすぎなのです。



「なんか、いけそう」



そう思ったらすぐにやってみましょう。
ダメなら諦める。


宮川理論もそうですよ。(宣伝)

https://youtube.com/channel/UCekGlbV7N1RRIob9UZhZIcQ




それでは、今後もぼちぼち更新していきますので
ご質問などあればどしどしお送りください!








 

 

この記事を書いた人

宮川理論本部運営代表
兼渋谷支部指導員
自身大学3年時に
宮川理論創始者と出会い
打撃が激変
選手引退後
大学4年次に指導員に。

自分自身がそうであったように
「元々能力のある選手」
ではなく
「一生懸命努力しているが
結果が出ない選手」のため
指導員として活動すると共に
自身でも野球技術向上に取り組む

「野球のための人生」ではなく
「人生を楽しくするための野球」
が根本の指導理念

自身の大学時代打撃変化動画は
Youtubeにて27万回再生を突破

Tomohiro Yamadaをフォローする
打撃考察
シェアする
「ホームランを、全ての人に」

コメント

タイトルとURLをコピーしました