「簡単なことを難しくしない」

バッティング、
本当は簡単に出来ることをあえて難しくしている事が意外に多いです。

動作だけでなく、考え方も。

僕も創始者宮川に教わるまでは、

「難しく考えること」を
大事にしてしまっていたなと、振り返ると思います。

もちろん、しっかりと自分のスイングを分析することはとても大切ですが、

良いバッティングとは

「バットの芯にボールを当てる事」

これを忘れないようにしましょう。

 

宮川理論の考え方が詰まった本はこちら

本を購入する

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮川理論本部代表
兼本部(東京)指導員
自身大学3年時に
宮川理論創始者と出会い
打撃が激変
選手引退後
大学4年次に指導員に。

自分自身がそうであったように
「元々能力のある選手」
ではなく
「一生懸命努力しているが
結果が出ない選手」のため
指導員として活動すると共に
自分自身の野球技術向上に取り組む

「野球のための人生」ではなく
「人生を楽しくするための野球」
が根本の指導理念

自身の大学時代打撃変化動画は
Youtubeにて29万回再生を突破

https://youtu.be/eE-UkEEcvD8

コメント

コメントする

目次
閉じる